300号達成記念 どうして「さわやか説法」と名付けたのか?
=酒井大岳先生との出会い= パートⅡ

和尚さんのさわやか説法303 曹洞宗布教師 常現寺住職 高山元延  今月号もまた、どうして「さわやか説法」と名付けたのか?の回顧録であり、酒井大岳先生との出会い パートⅡである。  その出会いのきっかけを作ったのは、先月号で述べた如くの、あ


300号達成記念 どうして「さわやか説法」と名付けたのか?
=酒井大岳先生との出会い= パートⅠ

和尚さんのさわやか説法302 曹洞宗布教師 常現寺住職 高山元延  令和最初の夏は、ことのほか暑い!!日本全国、猛暑酷暑が続き、今また、暑くて熱いお盆を迎えた。  皆様にとってはこの暑さの中、それぞれの菩提寺や霊園に足を運ばれ、御先祖様を熱


八戸市市制施行90周年記念号
=京都 清水寺の貫主様の御来八に寄せて=

和尚さんのさわやか説法301 曹洞宗布教師 常現寺住職 高山元延  皆さん!!ビックリ!! —なんと—  かの有名な、日本国民みんなが知っている。 「京都 清水寺」の貫主様が御来八され、小中野は、「常現寺」で、「漢字一文字」を御揮毫された上


自分の背中を見る

和尚さんのさわやか説法298 曹洞宗布教師 常現寺住職 高山元延  皆さんは自分の背中を見たことがあろうか。  人の背中を見ることは出来ても、自分で自分の背中を見れるのは鏡を使ってもなかなか見れない。  私は銭湯(公衆浴場)に、よく行く。